スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
平成20年度委託学童クラブ
2007 / 11 / 21 ( Wed )
2007年10月8日発行の『れんきょうだより』より

 今年の学童クラブの民間委託の応募は、株式会社も含めて4法人でした。

受託希望クラブ      法人名  

①志村六小(80名)   株)コスモメイトシステム…成増で認証保育園を運営。今年10月
②北野(50+90名)                  板橋初の認証子ども園を開園 

①志村六小       社会福祉法人ひまわり福祉会…坂下けやき台、若木第二学童クラブ
②北野                            を受託中。  

①志村六小       株)テンプスタッフウィッシュ…人材派遣会社。新宿区で学童クラブ2  
                箇所を運営受託、品川区ですくすくスクール(全児童対策事  
                業)を受託するなど、かなり手広く保育に関っている株式会社。 

①北野          社団法人幼少年体育振興協会…「幼児体育指導者検定試験」を行っ 
                ている社団法人。学校法人タイケン学園(スポーツ専門学校な   
               多くの学校を運営。徳丸小学校のわくわくキッズを受託)のグループ傘下。


2007年11月の『いたばしの学童っ子』より平成20年の委託学童クラブの受託法人の結果です。

志村第六…(福)ひまわり
北野小と北野第二…(株)コスモメイト

株式会社の受託は初めてのことです。


以下は、『練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊』笠本さんの記事  の2007/10/28 「NOVAと保育園民営化 」からです。 


何かと話題の英会話学校最大手NOVA。悪徳商法の解約を本業とする笠本としては、この問題に無関心でいられないのですが、朝日新聞でこのような記事を読んだとき、保育園の民営化と通じるものがあると感じてしまいました。

以下は、記事からの抜粋です。

 だが、同時期に十分な見通しもなく進めた店舗展開が、問題を生み出すことになった。04年末から1年余りで300店近くを新規出店し、06年3月末には教室数が994カ所に達した。しかしワンマン経営で維持してきた管理体制は細部に行き渡らなくなった。大量の外国人講師を採用したが、店舗の運営者が育たず、十分な研修ができないため授業の質が低下した。
保育園の民営化について、僕たちはよく「保育の質が低下する」という言葉を使うのですが、業種が全く異なる英会話学校でも「授業の質が低下した」と表現されている点に、僕はピピンと反応してしまいました。そして記事が言及するには、その原因が「店舗の運営者が育たず、十分な研修ができな」かったことにあるとのことです。

英会話のレッスンにしろ保育にしろ、人が支えるサービスである点は共通しています。十分な質を備えたサービスを提供できる人材を育てるには、十分な時間を要します。当たり前です。

それを無視して、NOVAは経営トップの拡大路線を優先させてしまいました。結果はご承知の通りです。

保育園では、子どもたちと保育士が、親子の関係にも似た愛情たっぷりの人間関係を育んでいます。保育園の民営化は、それをズタズタに引き裂きます。受ける事業者も、そこから新たな人間関係を築き上げていかなければなりません。新たに職員を採用しなければなりません。新規採用職員が育つには、何年も何年もかかります。
そういった事情を無視して、自治体トップは行政改革路線を優先させ、保育園民営化の実績を自らの手柄のように吹聴します。

人が収入を得て生活をする以上、経営という視点は重要なのですが、今の時代、この経営の都合ばかりがもてはやされているように感じます。そして、現場を知らない経営者の都合が最優先された結果、現場に無理なしわ寄せが行くという構図も、NOVAと保育園民営化は共通しているように思います。

連協の皆様・関係者の皆様お疲れ様でした。
委託先が決定した学童クラブの保育レベルの保持・向上をお祈りしております。sasaki
スポンサーサイト
09 : 51 : 51 | 委託学童クラブ一覧 | コメント(0) | page top↑
<<「いたばし放課後子ども教室」の事業展開 | ホーム | 豊島区保育園委託状況 Ⅱ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。