スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
委託学童クラブの一覧
2010 / 02 / 22 ( Mon )
学童クラブ名       法人名          委託開始年度   あいキッズ開始
 1.北前野      (社福)マハヤナ学園    H13年度   H21年度
 2.高島第七     (NPO)ワーカーズコープ   H13年度

 3.板橋第一     (NPO)ワーカーズコープ   H14年度   H25年度
 4.高島第三      (社福)白鳩福祉会     H14年度   H22年度

 5.常盤台      (社福)三共会       H15年度   H22年度
 6.志村第一     (NPO)ワーカーズコープ   H15年度   H21年度

 7.上板橋      (社福)三共会        H16年度   H23年
 8.板橋第十     (社福)陽光会        H16年度   H23年

 9.中台       (社福)三共会         H17年度   H25年度
10.坂下けやき台   (社福)ひまわり福祉会    H17年度
11.赤塚小      (社福)愛和保育園      H17年度   H22年度

12.加賀       (NPO)ワーカーズコープ    H18年度   H22年度
13.若木       (社福)ひまわり福祉会    H18年度
14.大山金井町    (NPO)ワーカーズコープ    H18年度

15.板橋第五     (社福)昭和会        H19年度  H21年度
16.板橋第二     (社福)松葉の園       H19年度  H24年度
17.高島第一     (社福)翠生会        H19年度  H25年度

18.志村第六     (社福)ひまわり福祉会    H20年度   H21年度
19.北野小       (株)コスモメイト       H20年度
20.北野第二      (株)コスモメイト       H20年度

株式会社の受託は初めてのことです。

21.高島第二      (NPO)ワーカーズコープ    H21年度  H24年度
22.志村坂下      (社福)ひまわり福祉会    H21年度  H24年度

23.板橋第九(氷川学童)  (社福)松葉の園     H22年度   H22年度
24.板橋第八        (株)パソナフォスター  H22年度   H22年度
25.大山          (株)グローバルキッズ   H22年度   H22年度
26.大谷口         (社福)ひまわり福祉会   H22年度   H22年度
   
27.中根橋         (株)パソナフォスター    H23年度   H23年度
28.上板橋第二       (社福)ひまわり福祉会    H23年度   H23年度
29.徳丸(西徳)      (財団)日本幼少年体育協会  H23年度   H23年度

30.志村第三(清水学童)   (社福) 松葉の園       H24年度  H24年度
31.舟渡(志村橋学童)    (株)大新東ヒューマンサービス H24年度  H24年度
32.蓮根第二        (株)テンプスタッフ・ウィッシュ H24年度  H24年度
33.板橋第四(南板橋学童)  (株)葉隠勇進         H24年度  H24年度
34.高島第六(はすのみ学童)(株)グローバルキッズ      H24年度  H24年度

35.弥生                           H25年度  H25年度
36.桜川                           H25年度  H25年度
37.向原                           H25年度  H25年度
38.紅梅                           H25年度  H25年度
39.新河岸                          H25年度  H25年度


    

 
スポンサーサイト
11 : 00 : 00 | 委託学童クラブ一覧 | コメント(0) | page top↑
平成20年度委託学童クラブ
2007 / 11 / 21 ( Wed )
2007年10月8日発行の『れんきょうだより』より

 今年の学童クラブの民間委託の応募は、株式会社も含めて4法人でした。

受託希望クラブ      法人名  

①志村六小(80名)   株)コスモメイトシステム…成増で認証保育園を運営。今年10月
②北野(50+90名)                  板橋初の認証子ども園を開園 

①志村六小       社会福祉法人ひまわり福祉会…坂下けやき台、若木第二学童クラブ
②北野                            を受託中。  

①志村六小       株)テンプスタッフウィッシュ…人材派遣会社。新宿区で学童クラブ2  
                箇所を運営受託、品川区ですくすくスクール(全児童対策事  
                業)を受託するなど、かなり手広く保育に関っている株式会社。 

①北野          社団法人幼少年体育振興協会…「幼児体育指導者検定試験」を行っ 
                ている社団法人。学校法人タイケン学園(スポーツ専門学校な   
               多くの学校を運営。徳丸小学校のわくわくキッズを受託)のグループ傘下。


2007年11月の『いたばしの学童っ子』より平成20年の委託学童クラブの受託法人の結果です。

志村第六…(福)ひまわり
北野小と北野第二…(株)コスモメイト

株式会社の受託は初めてのことです。


以下は、『練馬の保育園民営化裁判追っかけ隊』笠本さんの記事  の2007/10/28 「NOVAと保育園民営化 」からです。 


何かと話題の英会話学校最大手NOVA。悪徳商法の解約を本業とする笠本としては、この問題に無関心でいられないのですが、朝日新聞でこのような記事を読んだとき、保育園の民営化と通じるものがあると感じてしまいました。

以下は、記事からの抜粋です。

 だが、同時期に十分な見通しもなく進めた店舗展開が、問題を生み出すことになった。04年末から1年余りで300店近くを新規出店し、06年3月末には教室数が994カ所に達した。しかしワンマン経営で維持してきた管理体制は細部に行き渡らなくなった。大量の外国人講師を採用したが、店舗の運営者が育たず、十分な研修ができないため授業の質が低下した。
保育園の民営化について、僕たちはよく「保育の質が低下する」という言葉を使うのですが、業種が全く異なる英会話学校でも「授業の質が低下した」と表現されている点に、僕はピピンと反応してしまいました。そして記事が言及するには、その原因が「店舗の運営者が育たず、十分な研修ができな」かったことにあるとのことです。

英会話のレッスンにしろ保育にしろ、人が支えるサービスである点は共通しています。十分な質を備えたサービスを提供できる人材を育てるには、十分な時間を要します。当たり前です。

それを無視して、NOVAは経営トップの拡大路線を優先させてしまいました。結果はご承知の通りです。

保育園では、子どもたちと保育士が、親子の関係にも似た愛情たっぷりの人間関係を育んでいます。保育園の民営化は、それをズタズタに引き裂きます。受ける事業者も、そこから新たな人間関係を築き上げていかなければなりません。新たに職員を採用しなければなりません。新規採用職員が育つには、何年も何年もかかります。
そういった事情を無視して、自治体トップは行政改革路線を優先させ、保育園民営化の実績を自らの手柄のように吹聴します。

人が収入を得て生活をする以上、経営という視点は重要なのですが、今の時代、この経営の都合ばかりがもてはやされているように感じます。そして、現場を知らない経営者の都合が最優先された結果、現場に無理なしわ寄せが行くという構図も、NOVAと保育園民営化は共通しているように思います。

連協の皆様・関係者の皆様お疲れ様でした。
委託先が決定した学童クラブの保育レベルの保持・向上をお祈りしております。sasaki
09 : 51 : 51 | 委託学童クラブ一覧 | コメント(0) | page top↑
平成20年度委託予定学童クラブ
2007 / 06 / 17 ( Sun )
 平成20年度委託予定学童クラブが決まり発表されました。

 北野小学童クラブ       児童受入枠 50人
 北野小第二育成室学童クラブ        90人
 志村第六小学童クラブ           80人
                です。

 北野小学童クラブと北野小第二育成室学童クラブは、1つの法人に委託したいというのが今回の区の計画のようで、今年の委託法人等は2つということだそうです。
 (昨年は、法人の体力を考慮し1学童1法人という方針だったのに・・と思いますが・・)


 委託する学童クラブの選定は、昨年の区の説明では「児童館が併設されていない、問題点の少ない学童クラブから委託していく」ということでした。
 昨年そして今年の選定された学童クラブを見ると、上記の条件に加えて、『父母会が無いか、もしくは父母会の結束が弱く活動があまり行われていない所が選ばれているのかな?』と感じます。
 父母会が無い所は、情報不足や準備不足になりやすく、区側の意向が通りやすいように思われます。

 今年度は、応募法人を増やすために条例が改正され、「児童福祉施設またはこれに類する事業を運営している法人」の参入も可能になったようです。つまり営利企業である株式会社であっても応募を受け付けることになりました。

 委託法人を選定するにあたり、今まで以上に慎重になる必要があるかもしれません。営利目的・事業拡大が安価な人件費となり、保育者のレベルが低下し、学童クラブの保育レベルを低下させる可能性があります。
 実際に、荒川区・台東区・新宿区では、株式会社の参入があり、「指導員の経験が少ないもしくは未経験、指導員が短期間で辞めてしまう、欠員でスタートする」などの問題があるそうです。
 練馬区の保育園委託で問題になったのは、ピジョン株式会社ですよね。

 昨年の選定委員会での経過の事もあり、上記委託予定学童の保護者の皆様の委託先選定にはかなりのご苦労があるのでは・・と想像いたしますが、子供たちのために納得のいく委託先選定になるよう頑張って頂きたいと思います。

                            板五 sasaki
 
21 : 09 : 56 | 委託学童クラブ一覧 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。